u-blox MAX-M8 Series M8 Concurrent GNSS Modules

u-blox 社より同時並行受信 GPS/GNSS モジュール MAX-M8 シリーズ

u-blox AG | ユーブロックス

u-blox AG | ユーブロックス

お問い合せ

MAX-M8 シリーズ: 9.7 x 10.1 x 2.5 mm

u-blox MAX-M8 シリーズは、スタンドアロンの同時並行受信 GNSS モジュールです。

2つの周波数のフロントエンドを持つ u-blox M8 の高性能な GNSS エンジン (GPS, GLONASS および BeiDou に対応) を産業用途で実績のある MAX フォームファクタに搭載しました。高い信頼性と短い測位時間を低消費電力で可能にします。

MAX-M8C はコスト重視のアプリケーションに、MAX-M8Q/W はパフォーマンス重視のアプリケーションに適しています。

特長

  • GPS/QZSS, GLONASS, BeiDouを同時並行受信
  • 受信感度 –167 dBm
  • 優れたコストパフォーマンス
  • ピン配置やソフトウェアがMAX-7およびMAX-6とコンパチブル

仕様

受信方式
  • 72チャネルu-blox M8測位エンジン
  • GPS/QZSS L1 C/A, GLONASS L10F, BeiDou B1
  • SBAS L1 C/A: WAAS, EGNOS, MSAS対応
ナビゲーション更新レート
  • 単独 GNSS 最大18 Hz
  • 同時並行 GNSS 最大10Hz
精度
  • 2.0m CEP
捕捉時間   MAX-M8Q/W MAX-M8C
コールドスタート 26秒 27秒
補助データスタート 2秒  4秒
再捕捉 1.5秒 1.5秒
感度 追従 –167dBm –164dBm
  コールドスタート –148dBm  –147dBm
  ウォームスタート –156dBm –156dBm
インターフェース シリアル
  • UART ポート x 1
  • DDC (I2C) ポート x 1
デジタルI/O
  • タイムパルス(可変可能)
  • 入力 EXTINT (ウェイクアップ用)
タイムパルス
  • 可変可能: 0.25Hz ~ 10MHz
プロトコル
  • NMEA
  • UBX バイナリ
  • RTCM
環境データ、品質・信頼性 動作温度
  • -40℃ ~ +85℃
保存温度
  • -40℃ ~ +85℃ (MAX-M8Q/W)
  • -40℃ ~ +105℃ (MAX-M8C)
RoHS 準拠
  • ISO16750 に従って認定。ISO/TS16949 認定工場で生産 AEC-Q100 に従って認定された u-blox M8チップを使用

製品選択表

    MAX-M8C MAX-M8Q

MAX-M8W

Type GPS / QZSS
GLONASS
Galileo      
BeiDou
Timing      
Dead Reckoning      
Precise Point Positioning      
Supply 2.7 V ~ 3.6 V  
1.65 V 3.6 V    
Lowest power (DC/DC)
Interfaces UART
USB      
SPI      
DDC (I2C compliant)
Features Programmable (Flash)      
Data logging      
Additional LNA
Additional SAW filter
RTC crystal
Internal oscillator C T T
Antenna supply
Antenna short circuit detection/protection
Antenna open circuit detection pin
Timepulse output
External interrupt / Wakeup

◯ = オプション、または外部コンポーネントが必要
+ = 多くのアプリケーションに適応(追加のコンポーネント不要)
■ = 高バックアップ電流
C = 水晶振動子
T = TCXO

  • このページに記載されている社名や製品名、登録商標、ロゴマーク等の著作権またその他の権利は、各社に帰属します。
  • 製品仕様は予告なく変更される可能性があります。最新仕様は最新のデータシートやメーカーサイトでご確認いただくか、弊社担当までお問合せください。