PR electronics Modbus Gateway 4801

プラントメンテナンスの効率を高めるプロセス値の遠隔監視ソリューション | 4801 ゲートウェイ使用例

PR electronics A/S | PR エレクトロニクス

PR electronics A/S | PR エレクトロニクス

お問い合せ

4801 Modbus ゲートウェイを使用した遠隔監視ソリューション

危険性の高いプロセスや、地理的に離れている場所、入りづらい地域に設置されている場合には、リモート設備管理は安全性を高めるために費やす時間を節約し、よりコストを削減できます。

4801 Modbus ゲートウェイと PPS アプリを使うことによって、タブレットまたは PC で、専門家を派遣することなく、それぞれの機器へアクセスが可能です。

4801 Modbus インターフェースによる遠隔監視の仕組み

表示ユニットを付けた各種信号変換器(4000 シリーズ・9000 シリーズ)で収集したセンサーおよび計器のプロセス値を、4801 Modbus ゲートウェイ経由 WiFi アクセスポイントから情報を無線で飛ばし、それを PR electronics 無料アプリ「PPS」がインストールされたタブレットまたスマホでリアルタイムに表示したり、また機器の設定をリモートで変更したりできるソリューションです。

リモートで行える操作

  • プロセス値の監視
  • デバイスの設定
    入力/出力、警報のパラメータ
  • シミュレート
    模擬入力不要でのシステム動作確認

4801 Modbus ゲートウェイ製品概要

特長

  • Modbus RTU から Modbus TCP/IP への変換
  • スマホや PC から PR 製信号変換器に簡単アクセス
  • RJ-45 ~ DSUB-9 ピン変換ケーブル付属 (20㎝)
  • 広い動作温度範囲:-10℃ ~ +60℃
  • 電源電圧:12 ~ 48VDC (最大 4.5W/340mA)

アプリケーション

  • 各種プラントでの温度監視
  • 計装機器のプロセス値の遠隔監視
  • FA でのアナログ信号や近接センサ入力の遠隔監視

表示ユニットと Modbus ゲートウェイを接続する方法

4511 表示ユニットは、4000 シリーズと 9000 シリーズデバイスのデジタルコミュニケーションを可能にします。このビデオでは、4511 を 4801 Modbus ゲートウェイに接続する方法をお見せします。

リモート設備管理の多彩な選択

ローカルオペレータインタフェース (オンサイト)

オンサイトでシミュレート、監視、設定が行えます。設定値を保存でき、同種の 4000 または 9000 にロードすることができるので、複数のデバイスへのプログラミングが容易になり、多くの時間を節約できます。

Modbus RTU 経由によるマスタ スレーブ接続

PR electronics 社のクロスプラットフォーム PPS アプリを使うことによって、タブレットまたは PC で、専門家を派遣することなく、それぞれの機器へアクセスが可能です。

クロス-プラットフォーム リモートアクセス

アナログ信号経路はそのままで、DCS システムを使用してローカル/リモートでプロセス管理・診断ができます。また、標準的なソフトウェアプラットフォームで利用できる無料 PPS ソフトを使い、4801 ゲートウェイを接続してインターネット経由でプロセスを監視できます。

産業用標準的プロトコルを使ってアクセス

その他のプロトコルについては、お手持ちのゲートウェイ/プロトコルコンバータ(Modbus RTU 信号を必要とされるプロトコルへ変換できるもの)にそのまま接続してください。